読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bike is my life

ZEPHYRχのパーツやツーリングを紹介していきます。

Ninja650が欲しい・・・けど大型免許が

欲しいもの

先月発表されました、Ninja650ですが最初は全く興味がありませんでした。

ゼファーで十分だしなぁ、大型の免許取るの面倒だしなぁ・・・

そんな風に最近まで思ってました。

ただ、値段を見ると807,840円!! 意外と安い!!!

これなら頑張れば買えるんじゃないかなと思えてきました。ちなみにゼファーχファイナルは80万ぐらいでNinja400(ABS)は74万。

ミドルクラスはお手頃価格って感じがしますね。どうしてもリッター越えは100万オーバーなので現実味が薄れてしまいます。

あと400は高いですね。CB400スーパーボルドールは100万もしますし・・・

頑張ればローンでもそんなに苦労しなくて買えそう!

ちなみにブライト扱いから国内正規扱いになったので買いやすくなりましたね。

 見た目

f:id:toshi-360:20170406113241j:plain

先日のモーターサイクルショーでも偶然撮影してました。このときも眼中になかったのでスルーでした。

見た目もザ・Ninjaって感じですが(ちなみにこちらはKRT Edition)かっこいいですね。Ninja250と比べると大きいですね。

 スペック

とりあえずスペックを転載します。

車名(通称名) Ninja 650
マーケットコード EX650K
全長×全幅×全高 2,055×740×1,135(mm)
軸間距離 1,410mm
最低地上高 130mm
シート高 790mm
トレール 100mm
エンジン種類/弁方式 水冷4ストローク並列2気筒/DOHC4バルブ
総排気量 649cm3
内径×行程/圧縮比 83.0×60.0(mm)/10.8:1
最高出力 50.2kW(68.2PS)/8,500rpm
最大トルク 65.7N・m
始動方式 セルスターター
点火方式 デジタル
潤滑方式 セミ・ドライサンプ
燃料供給方式 フューエルインジェクション(φ36mm×2 デュアルスロットルバルブ)
トランスミッション形式 常噛6段リターン
クラッチ形式 湿式多板
ギヤ・レシオ1速 2.438(39/16)
2速 1.714(36/21)
3速 1.333(32/24)
4速 1.111(30/27)
5速 0.966(28/29)
6速 0.852(23/27)
一次減速比/二次減速比 2.095(88/42)/3.067(46/15)
フレーム形式 トレリス(高張力鋼管)
懸架方式 テレスコピック(41mm)
ホイールトラベル 125mm
130mm
タイヤサイズ 120/70ZR17M/C 58W
160/60ZR17M/C 69W
ブレーキ形式 タイプ:ペタルディスク(外径300mm、セミフローティング)
キャリパー:デュアルピストン
タイプ:ペタルディスク(外径220mm)
キャリパー:シングルピストン
車両重量 193kg
燃料タンク容量 15L
乗車定員 2名

エンジンは2気筒でEr系のエンジンです。

ゼファーχは53馬力、Ninja650は68馬力。

重さはゼファーχは186キロ、Ninja650は193キロ。

馬力は10馬力以上上がって、重さもほとんど変わらないのであれば車庫からの出し入れもし易そうですし、力もありそうな感じです。

それとインジェクションであり、アシスト&スリッパークラッチ付きってのも魅力的ですね。やはりゼファーだと暖機も必要ですし、クラッチもダイレクトなのでちょっと癖がありますね(それがまたゼファーの魅力なのかもしれませんが・・・)

あとABSも標準装備されていて、安全面な部分でもかなり違ってきますね。

メーター

f:id:toshi-360:20170406113337j:plain

次はメーターです。個人的にメーターって結構重視するんですよね。ゼファーではクラシックということ諦めてましたが・・・

ですがNinja650のメーターはすごいです。

・アナログ式タコメーター

・デジタルスピードメーター

ギヤポジションインジケーター

シフトアップインジケーター

オドメーター

・デュアルトリップメーター

走行可能距離

・瞬間/平均燃費

・水温

時計

・ETCインジケーター

・エコノミカルライディングインジケーター

これだけの情報が表示可能です。

燃費関係は参考になりますし、ギアポジションが出るのも幻の7速に入れなくてよくなるので便利ですね。

地味に個人的な要望で外気温度計が欲しいです。マジェスティでとても便利でしたし、寒い時期や暑い時期に目安になるので欲しいところです(温度が合ってることが前提ですが・・・)

それにしても最新のバイクって本当にすごいですね。

パニアケース&装備・オプション

f:id:toshi-360:20170406113246j:plain

それと1番気になっているのがパニアケースです。

今まで積載に苦労したり、わざわざ遠出の際にかばんを取り付けをして走ることがとても面倒でした。あと出先での買い物やちょっとバイクで買い物行きたいなって思ったときも荷物がネックでした。

このパニアケースがあればロングツーリングや買い物も出来ちゃいますね。

f:id:toshi-360:20170406120055j:plain

まぁヴェルシス-X 250ツアラーを買えば同じですが・・・

それでもこちらは68万もするので安くはありませんね。

f:id:toshi-360:20170406113329j:plain

Ninja650のオプションのパニアケースは樹脂ではなく、ソフトタイプですね。あまり大きくないですが重くなくて、普段付けてても良さそうな感じです。

金額はパニアケース34,668円+ブラケット12,852円が必要らしいです。

これにトップケースも付ければフルパニアでどこまでも行けちゃいますね!

スクリーンも高さ変更できるのでツアラー的な感じで乗れそうですし、今後の生活を考えるとロングツーリングメインになると思われるので自分にマッチしてますね。

他の装備では標準でETCが装備されていたり、オプションDC電源も付けられるようになってます。便利になりましたね。

最後に

f:id:toshi-360:20170406113351j:plain

とは言っても簡単に買えるわけではありません。ゼファーも買ったばかりですし、子供もお金がかかってきますし、家も建てなければいけません。

一応、妻に大型免許欲しいと言ったら、3年ぐらいしたらいいと言われたのでそれまでは貯金しつつゼファーを楽しみたいと思います。

まぁゼファーもオーリンズのサスが欲しいとか、いろいろカスタムしたくなってきてるので困ったもんですw