Bike is my life

バリオス2のパーツやツーリングを紹介していきます。

ラパンSS he21s クーラント交換

f:id:toshi-360:20191119004101j:plain

2年前から乗っているラパンですがクーラント自体の汚れ&リザーブタンクも汚れているので交換したいも思います。

クーラントは2年に1回の交換がベストと言われていますので、2年前の購入時に交換してあると思いますので適正な交換時期といえます。

クーラントを排出

f:id:toshi-360:20191119003723j:plain

車高の低い車はジャッキアップして、フロントのジャッキアップポイント奥です。

白い樹脂の物がドレインになります。

受け皿を用意して、排出します。同時に上のラジエーターキャップを外しておきます。

f:id:toshi-360:20191119003735j:plain

これがドレインになります。本当ならゴムパッキンも交換すべきですが・・・今は無いのでこのまま再使用します。

リザーブタンク清掃

f:id:toshi-360:20191119003718j:plain助手席側のバッテリー横にあるタンクがリザーブタンクです。自分はほぼ空に近く、タンク内は汚れてました。

上に引き抜くと本体が外れますので水で清掃しました。

ラジエーター清掃

f:id:toshi-360:20191119003738j:plain

ラジエーターキャップの部分にペットボトルを切って、ビニールテープ等を先に巻きます。漏斗の代用品です。専用品もあれば便利かと思います。

そしたら、水をホースで入れます。下から出して水を循環させます。そのとき暖気して、サーモスタットを開かせます。何回か繰り返して、排出される水が綺麗になるまで続けます。

クーラント投入

f:id:toshi-360:20191119003726j:plain

水を全て抜いたら、クーラントを投入します。このときドレインを必ず閉めること。

3.5Lほど入ります。

エア抜き

f:id:toshi-360:20191119003730j:plain

クーラント投入後にエア抜きをします。ラジエーターホースを揉んでエアを少し出します。そのあとにエンジンをかけて(暖房MAX・外気)サーモスタットが開くまで回転数をあげます。

ファンが回るまで行ってください。普段ちゃんとファンが動作してるか不安な人はエアコンをONにしてしばらくするとファンが回転します。

もし回転しない場合はファンが故障しているかもしれません。

ボコボコとエア抜きが出来たら、何度か繰り返し、減った分はクーラントを入れてください。

最後にリザーブタンクにクーラントを投入して終了です。

クーラント交換終了

f:id:toshi-360:20191119010205j:plain

これにて終了です。

しばらく走行してクーラントが高温になったり、調子がおかしいと思ったら、必ずクーラント量とエア抜きがしっかり出来てるか確認してください。

以上です。自己責任に交換してくださいね。