Bike is my life

バリオス2のパーツやツーリングを紹介していきます。

ヴェルシス250 マフラー取り付け ビームス R-EVO

f:id:toshi-360:20191119232136j:plain

ヴェルシス250に以前マフラーを取り付けましたので、取り付け方法を紹介します。

自分が購入した頃はフルエキが無く、見た目がチタン焼き入れ風でかっこよかったのでこちらにしました。

マフラー

f:id:toshi-360:20191120003457j:plain

マフラーはビームス R-EVOヒートチタンサイレンサー

スリップオンになります。

音量 88.0db (純正 85.0db)

重量 1.95Kg (純正3.85Kg)

音量も少しアップして、重量は2キロ近く軽くなってます。

オイル交換・フィルター交換もマフラーに関係なく出来ます。

純正マフラー取り外し

f:id:toshi-360:20191119232001j:plain

銀色のカバーを外します。こちらを外さないとマフラー裏へアクセスできません。

1本のネジなので簡単です。

f:id:toshi-360:20191119232004j:plain

裏はこんな感じです。

f:id:toshi-360:20191119232008j:plain

カバーを外して、こちらの2本のボルトナットを外します。

左側がマフラーの接合部です。

f:id:toshi-360:20191119232017j:plain

外した部品になります。説明書も付属しているので工具さえあれば誰でもできます。

マフラー取り付け

f:id:toshi-360:20191119232013j:plain

専用のガスケットが付属しているのでそれを装着します。

スリップオンって簡単にマフラー交換出来ますね。今まではフルエキのみだったので簡単に感じます。

f:id:toshi-360:20191119232021j:plain

指定は無かったと思いますが液体ガスケットも塗りました。

ちょうど家にあったので念のために塗りました。

f:id:toshi-360:20191119232029j:plain

そしたら、マフラーを付けてボルトで固定します。

自分でいい感じの角度になるように調整してください。ゴムのバンド部は意外とキズ付けやすいので気を付けて取り付けましょう。

完成

f:id:toshi-360:20191119231957j:plain

最後にパーツクリーナー等でサイレンサー部を拭きましょう。手の油等が付着すると、そのまま焼き付いてしまうらしいです。

最後にエンジンをかけて排気漏れ等が無ければOKです。

見た目もかっこよくなり、音量も変化して大満足です。

インプレ

f:id:toshi-360:20191119232025j:plain

走った感じは音量もあるので気持ちいいです。少しだけノビが出ましたね。ただスリップオンだとこの程度の性能アップと思います。

Ninja250は同型エンジンでフルエキを入れたら変化を感じられました。

でも見た目の効果も抜群でどの車体のカラーにも合うと思います。マフラー交換を検討されてる方は是非挑戦してみてください。